石臼挽きそば 蕎香店主 宮本

 16歳で「田舎茶屋 末野倉」に修行に入り、8年間お世話に。

 その後、蕎麦だけにとどまらず、和食、パティスリーの基礎を学ぶ。

 その経験を活かし、2010年12月15日に念願のお店 「石臼挽きそば 蕎香~kyouka~」を田上町に構える。